電子タバコのありがたい点

電子タバコでは葉の代わりに”リキッド”を熱します。リキッドとは香りづけした液体で、熱を加えると蒸気化して疑似的な煙を立てます。アロマテラピーを思い浮かべると分かりやすいですね。実際、色々とフレーバーを楽しめる点は似ていますし、リキッド次第ではリラックス効果も望めます。たとえばペパーミント味は爽快感があり、ちょっとした息抜きに最適です。

場所を選ばないのも電子タバコの偉い点です。リキッドの煙は水蒸気なので、外に漏れても他人へ健康被害を与えません。また自室で吸いやすいのも電子タバコがもつメリットでしょう。紙煙草を自室で吸うと、壁やカーテンが黄ばみ、ヤニの臭いが気になる、といった不都合が生じます。ですがリキッドは無色透明で、なおかつ香料を少量しか含みません。部屋を汚す心配がないのです。

リキッドの可能性は無限大

紙煙草に慣れていると、電子タバコは物足りなく感じるかもしれません。日本では”ニコチン”の入ったリキッドが販売されておらず、紙煙草ほど”煙の余韻”を楽しめないのです。タバコ味のリキッドはありますが、香りだけでは紙煙草ほどの満足感は得られません。またリキッドは取扱店が少ないため、買い置きの必要が出てきます。大抵の種類がコンビニに揃っている紙煙草と比べ、やや不便ではありますね。

しかしリキッドには「好みのフレーバーを作れる」という最大のメリットがあります。実は自作キッドも販売されており、複数フレーバーを混ぜ込んだり、市販品より濃いリキッドを作成したり、調整が利くのです。さらに海外から取り寄せる形であれば、ニコチン入りリキッドも作成できます。手間はかかりますが、紙煙草に近い満足感も実現できるわけです。

ニコチンリキッドは日本のお店での取り扱いがありませんので、入手する際は個人輸入をする必要があります。個人輸入の手続きを自分で行うとなると大変ですが、代行サービスがある通販サイトを利用すれば簡単です。