電子タバコのメリット

タバコと言うと、煙たかったり健康に悪かったりといったマイナスなイメージを持たれることがあります。しかし、電子タバコであれば、従来のタバコの煙たさや健康被害を解決することができます。電子タバコは火を使わずに、電気によってリキッド液を加熱し、その蒸気を吸って楽しむものです。そのため、モクモクとした煙は出ず、周囲に迷惑がかかりません。また、火を使ったタバコの煙には、タールや一酸化炭素といった有害物質が多く含まれていますが、電子タバコには、そのような有害物質が含まれていないため、健康志向の方に選ばれています。それから、電子タバコのリキッド液には、様々なフレーバーがあります。タバコ味はもちろんのこと、フルーツやミント、チョコレートといった豊富なフレーバーから好みのものを選択できるので、禁煙目的で電子タバコに切り替えた方でも続けやすいです。

長期的に使うならコスト面でもメリット

従来のタバコを日々どのくらい吸うかにもよりますが、一日に一箱以上吸うのであれば、電子タバコに切り替えた方がコストを抑えることができます。電子タバコは最初に本体や充電器を購入しなければいけないので、初期費用がかかります。そのため、ヘビースモーカーでない方にとっては高くつくこともあります。しかし、本体を購入してしまえば、あとはリキッド液を無くなり次第購入していけばよく、本体は繰り返し使えますし、リキッド液も1週間以上持つものが多くあります。なので、長期間にわたって使用するならば、電子タバコの方が安く抑えることができます。

vape(ベイプ)に使用されるリキッドにニコチンは含まれていません。含んでいるリキッドの販売が、国内では禁止されているためです。