カタログギフトのメリットとは?

内祝いにカタログギフトを贈ることにはたくさんのメリットがあります。まず贈る側としては、時間の節約になることです。内祝いの品物を選ぶときには、どんなものだったら相手が喜んでくれるのか考え込んでしまい、決めるのに時間がかかりますよね。カタログギフトであれば、食品や生活雑貨、衣類などたくさんのアイテムが揃っていて、その中から相手に好きなものを選んでもらうので、性別や年齢を問わず喜ばれます。したがって、贈る側がどれにしようか考え込む時間がなくなるのです。そして貰う側には、かさばらず楽に持ち運びができるというメリットがあります。そのため、結婚式の引き出物としてカタログギフトを貰った場合、その後二次会へ行くときや自宅へ帰るときにあまり負担がかかりません。また好みに合わない内祝いを贈られてどうすればいいか困る、ということも一切ありません。

カタログギフトのデメリットとは?

カタログギフトのデメリットとしては、アイテムが多すぎて何を選べばいいのかわからない人や、逆に欲しいものが全くないと思う人がいることです。カタログギフトには有効期間が設けられていますが、このような理由から結局何も選ばずに期限を迎えてしまうと、お金が無駄になってしまいますよね。そうならないためにも、商品券やギフトカードが載っているカタログギフトを贈ることをおすすめします。商品券やギフトカードであれば現金の代わりとなるため選びやすく、きっと満足してもらえるのではないでしょうか。

出産や婚礼・年祝いなど身内だけで質素な贈り物をすることです。現金が多いですが、商品券などの物品や食事なども内祝いに入ります