壁面緑化って何をするの?

壁面緑化とは、ビルや高層住宅などの建物の壁面に、植物を植えるなどして壁面を覆ってしまうことです。全国的にも一部の自治体や企業などが様々な目的で、壁面緑化への取り組みを進めています。現在では屋上緑化と同様に、壁面緑化に特化した企業も多く存在します。壁面を緑化する事で、いったい何のメリットがあるのでしょうか。そこで、壁面緑化をすることで期待できる効果についてまとめてみました。

壁面緑化をすると地球温暖化対策?

壁面を植物で覆うと直射日光を遮る事ができ、壁面の温度上昇を抑制する事になります。壁面の温度上昇を抑えることで、建物全体の温度上昇も抑制する事になり、ヒートアイランド対策となるわけです。植物で壁を覆う面積が多いほど効果があるため、主に大きな構造物の壁面で緑化が普及しています。また、室内への熱量の低減にもなり、夏場の冷房器具などの省エネにもつながっています。

騒音を低減してくれる

日中は多くの企業が稼働している時間帯で人や車の交通量も多く、なかには騒音で悩まされているという方も少なくないです。壁面緑化は、壁面に植物の層を作る事になるため騒音を低減してくれる効果もあります。ビルや高層住宅などは、主に交通量の多い中心街に建設されている場合が多い為、騒音低減を目的に壁面緑化している企業も多く存在します。

シンボルや宣伝効果も!

壁面緑化をした場合、外部から一目でわかるというのも特徴です。植物の種類や緑化の方法もたくさんあるため、企業、自治体のシンボルにもなり宣伝効果も期待できます。このように壁面緑化は、環境にやさしいだけでなく付加価値のある取り組みです。

建物全体の温度を下げるなら壁面緑化があります。緑化により温度が下がるだけでなく見た目も大きく変わります。